1/1

世界中からヨガインストラクター志望者が集まり、インターナショナルで マインドフルな生き方を実践しているインドのヨガコミュニティ、Sampoorna Yoga Beach Village。それもトリップアドバイザーのランキングでインドで1番、アジアで2番という美しいアゴンダビーチまで徒歩3分という立地。このコースの一番の魅力は、合宿中に世界中のヨガネットワークと繋がり、 世界という開けた視野の中で自分を見つめられことです。それは、今回初企画の日本語コースと同時に、英語のRYT200, 300が開催されるからです。滞在中は、20カ国にも及ぶ国々からのインストラクター志望者と共に食事をし、生活スペースを共有します。内面を見つめながら自分の心の扉を開いていく作業と同時に、異文化に触れながら自分を掘り下げていけるので、自然にヨガインストラクターとしての自覚や責任感を養っていけます。お互いをサポートし合う文化がしっかりと根ずいたSampoorna Yogaでのヨガインストラクター養成コースは、これから世界を舞台に活躍したい方にオススメです。世界があなたを待っています。

 

このコースで習得できるヨガのスタイルはアシュタンガとヴィニヤサです。定員は12名限定でヨガインストラクターとして必要とされる知識 を、経験豊富な講師陣から包括的にバランスよく学べる内容となっています。

 

主なモジュールは、ヨガアサナ、クリヤヨガ、ヨガ解剖学、アジャストメント、アライメント、ティーチングテクニック、プラーナヤマ(呼吸 法)、メディテーション(瞑想)、ヨガ哲学、アーユルベーダ学で、全て日本語(英語の場合は通訳者同伴)で行われ、ヨガアライアンスが設定する水準に達する為の必須項目を全てカバーしています。コース修了後は、アシュタンガ/ヴィニヤサヨガの講師として、世界50カ国で認知されている全米ヨガアライアンス認定インストラクター“RYT” (Registered Yoga Teacher)としての登録が可能になります。

 

参加者資格としては、アシュタンガ/ヴィニヤサヨガを定期的に1年間以上プラクティスしていること。また、認定に向けて各課題に取り組む真剣な姿勢、そしてすべてのクラスに参加する心構えが、参加者の必須 条件となります。

 

費用:550,000円(税込) 受講料、通訳費、アクティビティー費用、宿泊費(施設内シェアルーム)、食費 (平日1日3食付き、週末朝食のみ)、

空港と施設間の往復 送迎費

*キャンセルポリシー適用(詳細はお問い合わせください)

*3月前(9月16日までにお申し込み頂ければ、15,000円オフとなります。) 

Contact us for more information